劇団美山

げきだんみやま

4.72/5 (61)

34050 view

劇団画像

公演情報

今月 (2021年7月)の公演劇場

劇団情報

すべての大衆演劇団の中でもトップクラスの人気を誇る劇団です。
そのルーツは明治36年に初代江味三郎が旗揚げした「江味劇団」となる長い歴史を持つ劇団です。
昭和32年に二代目江味三郎が「江味三郎劇団」を新たに旗揚げ。
後に、名喜劇役者の藤山寛美より「美山昇二郎」という芸名をもらい「劇団美山」と改名します。
平成9年、長男の里美たかしが12歳で座長に就任します。
伝統を大切にした芝居に、華やかな舞踊を繰り広げます。

公式サイト 劇団美山
公式facebook -
公式twitter -
ブログ -

座員メンバー紹介

里美たかし(さとみ たかし) 座長 里美たかし(さとみ たかし)

劇団美山のポスター

画像クリックをすれば、拡大表示されます

過去の公演先

観劇された方からのレビュー

2019年11月14日

さすが芝居の王道

2019年09月10日

洗練された舞台

2019年06月06日

里見たかし座長

コメントや評価

「劇団美山」へのコメント

ご自由にコメントをどうぞ!掲示板としてもご利用下さい。

コメント一覧

コメントを残す



書き込んだ内容の削除・変更等のご希望があればメールにてご連絡下さい。

facebookでコメント

2

「劇団美山」のあなたの評価

あなたの評価を5段階で教えて下さい(観た感想などから)

劇団員様はこちらへお願いします

【旅芝居の専門誌】KANGEKI(カンゲキ)紹介

【旅芝居専門】KANGEKI 2022年4月号特別編集 劇団プロフィールDVDシリーズ

劇団プロフィール
お芝居(特別編集版 )「江戸の朝焼け 男の達引」
舞踊ショーダイジェスト
橘魅乃留月命日に寄せる個人舞踊「親父の背中」(橘炎鷹)
舞台袖レポート
特典映像
「移動日の楽屋風景」
「今日のご飯は?」
劇団メンバー自己紹介

KANGEKI(カンゲキ)バックナンバー

サイトご利用につきまして

※掲載情報の内容には最新の調査・取材を心掛けておりますが、現状と異なる場合もございます。

※掲載内容は一切保障するものではございません。必ず各利用施設に確認を行って下さい。

※掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください。

※ビジネスオーナー様で掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際は内容をメールにてお送り下さいませ。

ページの先頭に戻る