洗練された舞台

2019年09月10日

昨年の10月に知り合いから紹介され初めて大衆演劇を観劇するようになったが、その一番最初に観た劇団が劇団美山!

三部構成で、DJ風の喋りで劇団の紹介がされ、一部の顔見せショーが始まったが、後ろの幕にはメンバーの名前がズラリ、結束すごい!

芝居は他人の関係という芝居で里美たかし座長、女形のこうた座長が中心の芝居!

口上の挨拶ではたかし座長がしゃべるしゃべる、架空名で筆下ろし某など登場した劇団員をいじりながら笑わせる!

舞踊ショーも洗練されたもので、各自の持ち味を十分に発揮していると思った!

最後は全員集合で花火をあしらった幕をバックに賑やかに躍り盛り上がり終演、楽しかった!

投稿者名 おっちゃま さん
鑑賞劇団 劇団美山
鑑賞劇場 博多新劇座
運営からのコメント おっちゃまさんいつもレビュー投稿ありがとうございます。
人気・実力ともトップクラスの劇団ですね。
まさに最初から最後までこだわり抜かれた舞台はさずがのひとこと!
「洗練された舞台」へのコメント

ご自由にコメントをどうぞ!掲示板としてもご利用下さい。

コメント一覧

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す



書き込んだ内容の削除・変更等のご希望があればメールにてご連絡下さい。

facebookでコメント

0

劇団員様はこちらへお願いします

【旅芝居の専門誌】KANGEKI(カンゲキ)紹介

【旅芝居専門】KANGEKI 2022年4月号特別編集 劇団プロフィールDVDシリーズ

劇団プロフィール
お芝居(特別編集版 )「江戸の朝焼け 男の達引」
舞踊ショーダイジェスト
橘魅乃留月命日に寄せる個人舞踊「親父の背中」(橘炎鷹)
舞台袖レポート
特典映像
「移動日の楽屋風景」
「今日のご飯は?」
劇団メンバー自己紹介

KANGEKI(カンゲキ)バックナンバー

サイトご利用につきまして

※掲載情報の内容には最新の調査・取材を心掛けておりますが、現状と異なる場合もございます。

※掲載内容は一切保障するものではございません。必ず各利用施設に確認を行って下さい。

※掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください。

※ビジネスオーナー様で掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際は内容をメールにてお送り下さいませ。

ページの先頭に戻る