一人二役

2019年05月12日

芝居は、その後の梶川与惣兵衛

ゲスト出演の劇団獅子の獅童礼斗座長が梶川を勤めたが、恋瀬川翔炎座長、キャビアは二役をこなした!

翔炎座長は脇坂の殿様と酒飲みの町人、キャビアは浅野内匠守と酒飲みの町人!

酔っぱらい町人の翔炎座長は地でいっているんじゃないかと思える演技、キャビアも浅野内匠守を見事演じていた!

シリアスな劇の中、酒飲みの町人で笑いを取り芸能生活35年という翔炎座長の年輪を感じる!

長い口上挨拶は時間の無駄を唱える翔炎座長、劇場のオススメ、気くばり目配りサービス度すべて100%以上のオススメ劇団!

ゲストの獅童礼斗座長も素晴らしい熱演!

舞踊ショーも楽しめた、昼の部限定のキャビアの変面ショーがかなり良かったみたいで噂やった!

その片鱗がキャビアの南部牛追唄の中で、縫い物をするおばあちゃんの表情や娘さんの表情豊かに表現されていたので、これわっ?と感じた!

次回キャビアの変面ショーどろろは19日とのことだから時間を作っていかんば!

投稿者名 おっちゃま さん
鑑賞劇団 飛翔座
鑑賞劇場 楽笑演劇殿
運営からのコメント おっちゃまさんレビューありがとうございます!
劇団名も改名し、勢い増す飛翔座。
限られた座員の中で、複数役を演じシリアスと笑いを交えた芝居を完成させる劇団の実力はさすがですね!
変面ショーも要チェックですね☆
「一人二役」へのコメント

ご自由にコメントをどうぞ!掲示板としてもご利用下さい。

コメント一覧

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す



書き込んだ内容の削除・変更等のご希望があればメールにてご連絡下さい。

facebookでコメント

0

劇団員様はこちらへお願いします

【旅芝居の専門誌】KANGEKI(カンゲキ)紹介

【旅芝居の専門誌】観劇から広がるエンターテイメントマガジン「カンゲキ」Vol.35(2018年12月号)

特集「松川さなえ誕生日公演」 劇団美松
特集「三代目小林隆次郎 誕生日公演」小林劇団
特選狂言「三人出世」千代丸劇団
特選狂言「お島子守唄」劇団戸田
特選狂言「赤垣源蔵 徳利の別れ」 煌座
特選狂言「私だけの戦争 つげの櫛」まな美座
特集「河内の次郎長」&「名作七変化 Part2」橘劇団
特選狂言「山師一代」劇団美川

KANGEKI(カンゲキ)バックナンバー

サイトご利用について

※掲載情報の内容には最新の調査・取材を心掛けておりますが、現状と異なる場合もございます。

※掲載内容は一切保障するものではございません。必ず各利用施設に確認を行って下さい。

※掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください。

※ビジネスオーナー様で掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際は内容をメールにてお送り下さいませ。

ページの先頭に戻る