平成最後の舞台

2019年04月30日

いろんな劇団さんの創意工夫された楽しいお芝居に大衆演劇の魅力を感じていますが、この劇団さんは今回初めて観た日から人情芝居に引き込まれました。
本当に久しぶりに自然と涙する芝居を観れて、座長さんが解説もしてくださるのでさらに芝居の魅力が伝わりました。
最後の舞台は湿っぽくならずにとアドリブ満載の楽しい演出でした。

舞踊ショーは1つ1つの演舞が丁寧で、衣装も着付けもすべてが美しく、ベテランの役者さんに支えられ若い役者さんも日々のお稽古を頑張られてる姿がうかがえました。
フラワーレイの代わりに根付けを利用されてて、舞踊ショーも最後まで衣装や所作の美しさに没頭して観入ることができました。

座員さんが少ないなか、舞台の細かい演出やこだわりも伝わり、伝統を大切にしつつも新しいものを追求し続ける座長さんの姿に感銘を受けました。

これを機にぜひ大阪にも観に行ってみたいと思います。
最後に座員の皆さま、ハードスケジュールですがお身体には気を付けてください。

投稿者名 エミシス さん
鑑賞劇団 嵐山瞳太郎劇団
鑑賞劇場 見聞劇場
運営からのコメント エミシスさんレビュー投稿ありがとうございます!
人情芝居で涙する。大衆演劇の大きな魅力ですが、これは芝居に入り込ませる高い演技力だけでなく、役に魂が込められているから観客の心を打つのだと思います。
さらにアドリブで笑いわせてくれたり、毎度違う楽しみがあるのも嬉しいところ^^
演出や衣装、所作の細かい部分へのこだわりは、無意識にでも観客の感動へつながります。
世界観を作りだそうとする嵐山瞳太郎劇団の舞台へ対する熱意が感じられますね。
またの投稿お待ちしています!
※システムエラーにより、9月以降に頂きましたレビュー・画像投稿におきましてご対応が遅れております。
大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
「平成最後の舞台」へのコメント

ご自由にコメントをどうぞ!掲示板としてもご利用下さい。

コメント一覧

  • 匿名 より:

    嵐山瞳太郎劇団さん、一度観たいと思っていましたがレビューを読み
    近くに来られたら足を運びたくなりました!
    レイでは無く根付けなんですねー工夫がありますね♪

コメントを残す



書き込んだ内容の削除・変更等のご希望があればメールにてご連絡下さい。

facebookでコメント

1

劇団員様はこちらへお願いします

【旅芝居の専門誌】KANGEKI(カンゲキ)紹介

【旅芝居の専門誌】観劇から広がるエンターテイメントマガジン「カンゲキ」Vol.47(2019年12月号)

今月の表紙劇団「お伊勢帰り」劇団九州男
特集 劇団丞弥 旗揚げ公演
特集 見海堂真之介総座長襲名7周年記念公演
特選狂言「森の石松」桐龍座 恋川劇団
特選狂言「唐人お吉」煌座 with 松井悠
特選狂言「金太初旅」飛翔座
特選狂言「吹きだまり/呪いの峠」宝海劇団
旅芝居の母たち 宝海劇団 宝海真紀
お芝居小屋探訪 其の十五まんてん星の湯 でんでこ座 三国館
新風☆旅芝居 Vol.11 みんなで盛り上がろ!劇場と劇団のコラボ企画が定着 あがりゃんせグループ会長&劇団紫吹 歌謡舞踊ショー
新風☆旅芝居 Vol.12 恒例化するハロウィンショー 桐龍座 恋川劇団
メイクと移動の達人 file.05恋瀬川キャビアのつくり方
特別企画〜KANGEKI編集部プレゼンツ 2019年ハプニング賞~

KANGEKI(カンゲキ)バックナンバー

サイトご利用について

※掲載情報の内容には最新の調査・取材を心掛けておりますが、現状と異なる場合もございます。

※掲載内容は一切保障するものではございません。必ず各利用施設に確認を行って下さい。

※掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください。

※ビジネスオーナー様で掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際は内容をメールにてお送り下さいませ。

ページの先頭に戻る