大衆演劇用語辞典 な行

大衆演劇用語辞典 な行

大衆演劇で使われる用語を紹介し解説しています。

初心者の方はざっと見ておくと分かりやすく楽しめると思います。

大衆演劇用語の解説

な行

中入り(なかいり)
二幕芝居の幕間の休憩のことです。
中日(なかび)
公演期間の折り返しとなる、満月公演なら15日目、半月公演なら7日目のことです。
様々な企画が催されることが多いです。
西(にし)
客席から舞台に向かって左手、下手側のことです。
二重(にじゅう)
屋台や山台など、高さがあり、役者がその上で演ずる大道具全般を指します。
二重を用いた舞台を二重舞台、対して使用しない舞台を平舞台といいます。
二の柝(にのき)
各場の最後、定式幕が閉まる時に1回打ります。
終幕では緞帳が下りるので二の柝は無くきざみとなります。
留め柝とは逆にこの柝で芝居は終わることになり、照明も同時に落ちます。
仁(にん)
役者が役に合っているかどうかを言うときに使う言葉です。
その役者の技量だけでなく、雰囲気、顔や体型を指すこともあります。
「仁に合っている」、「仁ではない」というように言います。
「人・人柄・仁」「ニン」とカタカナで表記する場合もあります。
幟(のぼり)
公演先の劇場の表に掲げれる劇団名や役者の名の入った旗です。
「大衆演劇用語辞典 な行」へのコメント

ご自由にコメントをどうぞ!掲示板としてもご利用下さい。

コメント一覧

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す



書き込んだ内容の削除・変更等のご希望があればメールにてご連絡下さい。

facebookでコメント

0

【旅芝居の専門誌】KANGEKI(カンゲキ)紹介

【旅芝居専門】KANGEKI 2022年4月号特別編集 劇団プロフィールDVDシリーズ

劇団プロフィール
お芝居(特別編集版 )「江戸の朝焼け 男の達引」
舞踊ショーダイジェスト
橘魅乃留月命日に寄せる個人舞踊「親父の背中」(橘炎鷹)
舞台袖レポート
特典映像
「移動日の楽屋風景」
「今日のご飯は?」
劇団メンバー自己紹介

KANGEKI(カンゲキ)バックナンバー

サイトご利用につきまして

※掲載情報の内容には最新の調査・取材を心掛けておりますが、現状と異なる場合もございます。

※掲載内容は一切保障するものではございません。必ず各利用施設に確認を行って下さい。

※掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください。

※ビジネスオーナー様で掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際は内容をメールにてお送り下さいませ。

ページの先頭に戻る