大衆演劇用語辞典 は行

大衆演劇用語辞典 は行

大衆演劇で使われる用語を紹介し解説しています。

初心者の方はざっと見ておくと分かりやすく楽しめると思います。

大衆演劇用語の解説

は行

場(ば)
芝居の場面のことをいいます。景ともいいます。
川町の場、侠客の場など。
花形(はながた)
人気があって、一座の代表的な役者のことです。
羽二重(はぶたえ)
よりのない生糸で平織りにした、あと練りの絹織物のことです。
演劇の世界では、鬘(かつら)をかぶるときの下地として被ります。
はねる
終演のこと。「打ち出し」ともいいます。
囃子(はやし)
四拍子(笛、大鼓、小鼓、太鼓)などでもって、謡や能をはやしたてることです。
バレ
お芝居の最後の場のことです。
贔屓(ひいき)
特定の役者や劇団を熱烈に応援しているファンのことです。
東(ひがし)
客席から舞台に向かって右手・上手側のことです。
額割り(ひたいわり)
仇(かたき)役が主役の顔を傷つけ、侮辱するシーンです。その後、主役が反撃する流れが一般的です。
引き幕(ひきまく)
舞台に設営される開閉式の幕です。
拍子木(ひょうしぎ)
樫で作られた柝を打つための1尺強の2寸角材の鳴り物です。
ファミリー劇団(ふぁみりーげきだん)
家族親族中心に構成された劇団のこと。
大衆劇団の大半は団員の半数以上が家族親戚で構成されたファミリー劇団です。
老け役(ふけやく)
老人役をいいます。
時代人情劇の多い大衆演劇の劇団にとってはなくてはならない重要な役どころです。
老け役の演技で芝居全体の雰囲気も変わります。
舞台袖(ぶたいそで)
観客席からは見えない舞台の下手、上手の空間のことです。
「ふところ」とも呼びます。
ぶっ返り(ぶっかえり)
隠していた本性を現わすなど、役の性格が変わることです。
見た目にも分かりやすく表現し演出します。
振り分け(ふりわけ)
三度笠をかぶった旅人役などが、2つに分けてひもで結び肩に担ぐ手荷物のことです。
振り(ふり)
舞踊用語で動作のこと。所作ともいいます。
ペンライト
小さな懐中電灯。ショーの時間などにファンが振って場を盛り上げます。
「大衆演劇用語辞典 は行」へのコメント

ご自由にコメントをどうぞ!掲示板としてもご利用下さい。

コメント一覧

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す



書き込んだ内容の削除・変更等のご希望があればメールにてご連絡下さい。

facebookでコメント

0

【旅芝居の専門誌】KANGEKI(カンゲキ)紹介

【旅芝居専門】KANGEKI 2022年4月号特別編集 劇団プロフィールDVDシリーズ

劇団プロフィール
お芝居(特別編集版 )「江戸の朝焼け 男の達引」
舞踊ショーダイジェスト
橘魅乃留月命日に寄せる個人舞踊「親父の背中」(橘炎鷹)
舞台袖レポート
特典映像
「移動日の楽屋風景」
「今日のご飯は?」
劇団メンバー自己紹介

KANGEKI(カンゲキ)バックナンバー

サイトご利用につきまして

※掲載情報の内容には最新の調査・取材を心掛けておりますが、現状と異なる場合もございます。

※掲載内容は一切保障するものではございません。必ず各利用施設に確認を行って下さい。

※掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください。

※ビジネスオーナー様で掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際は内容をメールにてお送り下さいませ。

ページの先頭に戻る