大衆演劇用語辞典 ま行

大衆演劇用語辞典 ま行

大衆演劇で使われる用語を紹介し解説しています。

初心者の方はざっと見ておくと分かりやすく楽しめると思います。

大衆演劇用語の解説

ま行

幕(まく)
大衆演劇では場面の区切りをいいます。緞帳が開いて閉まるまでが一幕です。
また舞台に吊ってある幕をいう場合は客席側から、緞帳、定式幕、浅葱幕、中割幕、背景幕、大黒幕、ホリゾント幕といいます。
幕間(まくあい)
芝居の間緞帳が閉まっている間です。休憩や芝居とショーの間もいいます。
幕内(まくうち)
演劇では舞台の幕より内側という意味で楽屋のことをいいます。
幕前(まくまえ)
緞帳(どんちょう)の前の部分のこと。「
幕前芝居といって舞台転換の時間をつなぐ時の小場面などが行われたりします。
松羽目(まつばめ)
襲名披露や正月公演、座長大会などのおめでたい舞台で舞う三番叟の際に出される金屏風の松の絵のことです。
間夫(まぶ)
女が恋愛関係にある男のことをいいます。いわゆる愛人、情夫です。
芝居では遊女が本当に好きな男のことを言うことが多いです。
見切れる(みきれる)
舞台袖等で本来見えてはいけない道具や役者が見えていることをいいます。
「大衆演劇用語辞典 ま行」へのコメント

ご自由にコメントをどうぞ!掲示板としてもご利用下さい。

コメント一覧

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す



書き込んだ内容の削除・変更等のご希望があればメールにてご連絡下さい。

facebookでコメント

0

【旅芝居の専門誌】KANGEKI(カンゲキ)紹介

【旅芝居の専門誌】観劇から広がるエンターテイメントマガジン「カンゲキ」Vol.35(2018年12月号)

特集「松川さなえ誕生日公演」 劇団美松
特集「三代目小林隆次郎 誕生日公演」小林劇団
特選狂言「三人出世」千代丸劇団
特選狂言「お島子守唄」劇団戸田
特選狂言「赤垣源蔵 徳利の別れ」 煌座
特選狂言「私だけの戦争 つげの櫛」まな美座
特集「河内の次郎長」&「名作七変化 Part2」橘劇団
特選狂言「山師一代」劇団美川

KANGEKI(カンゲキ)バックナンバー

サイトご利用について

※掲載情報の内容には最新の調査・取材を心掛けておりますが、現状と異なる場合もございます。

※掲載内容は一切保障するものではございません。必ず各利用施設に確認を行って下さい。

※掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください。

※ビジネスオーナー様で掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際は内容をメールにてお送り下さいませ。

ページの先頭に戻る